お知らせ・イベント情報

セルコホーム名古屋中央
2020.01.25

断熱にこだわっています。

こんにちは、セルコホーム名古屋中央店です。

今、1年の中で最も寒い期間である大寒をむかえています。というわけで、                 今日は寒さ対策としての断熱についてお話します。

断熱の原理って何かと言いますと、『空気層を作って熱の移動を遅らせること』です。            ダウンジャケットをイメージしていただくと解りやすいと思います。

アメリカでは、すでに200年以上前から住宅に断熱材が使われていて、アメリカの第3代大統領にして、発明家のトマス・ジェファーソンという人が自宅に使用したのが最初だそうで、現存するその邸宅は世界遺産に指定されています。

 

セルコホームで使用している断熱材は特殊なグラスウールです。これは一般的なグラスウールの倍の密度を持ち、高断熱である上に、更に水をかけても透過するのです。これは湿気や水に弱いというグラスウールの弱点を改善した、技ありな製品です。

特に床下には23センチもの厚みの高性能グラスウールを補充しており、冬でも裸足で歩けるほどの断熱性能を持っています。

また外壁に面したコンセントの裏には通常断熱材が入らず、ここから隙間風が進入してきたりする事も多いのですが、セルコホームの家ではこの隙間風対策もしっかりとされており、快適な温度環境をお届けします。